カフェでランサーの仕事 ・不労所得増やすため日々精進中

定性的なものと、定量的なもの

それ、どういう意味?と最近言われるんですが、

この言葉、理系分野では結構使用頻度高いんですよね。

「定量的」とは数字であらわすことのできるものを指します。

なのでよく、「もっと定量的に考えてきて」と上司に言われた事のある方。

「数字持ってこい!」という意味です(笑)

こういう場合、大体昨対比とか出せばOK(笑)

連続する数値の変化(対象の状態の)を出せば「あーそっか」ってなります(笑)

逆に、定性的とは数字であらわすことのできないものを指します。

例えば、私はサイドビジネスの一つとしてアパレル関係のECサイトを運営してますが、

なかなか売れないな~とか、結構売れたよね~なんていうのは、

定性的な表現になります。

これを、「今季は昨対比105%の成長をしており、利益は254万円昨年を上回る見込みです。」

とすると、定量的になります。

機会がありましたら、ご活用ください(笑)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
■kumi公式LINE@
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

kumiの最新情報や、

ブログでは絶対に言えない超有料級の無料プレゼント情報も配信しているので、

kumiの公式LINE@に今すぐ無料登録しておいてください。

kumiのブログやコンテンツを見た感想・質問も、

私のLINE@へお気軽にメッセージくださいね^^

下記友だち追加ボタンを押していただくか、

kumiと友だちになる♪

上記のボタンをクリックできない方は、

こちらのLINE IDで友達検索して追加してください。
@ana3490o

kumiの所属する、IBA(インターネットビジネスアカデミー)の登録はコチラ

ぜひご登録いただいて、kumiと一緒にお仕事をしたり勉強会をしましょう!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

kumi

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。