”忙しい”は問題ではありません

ビジネスに取り組むためには

限られた時間をいかにうまく使えるか、

がポイントになります。

私がビジネスを始めた頃は、

学校へ通いながら課題をこなし、

更にバイトをギュウギュウに入れていました。

二足のわらじならぬ

三足のわらじ時代があるので

その頃の経験談をお話ししたいと思います。

学生をしながら

学校が終わったら課題に取り組み、

帰宅後すぐにバイトへ。

もちろん睡眠時間も削っており、

4時間睡眠は当たり前、

徹夜の日も多々

という生活でした。

睡眠時間を削るのは最終手段として、

何よりも隙間時間を

有効に活用していました。

例えば、

・通勤時間の移動中(往復で2時間)

・昼休み(30分)

これだけでも2時間半の時間を

確保していました。

動画講義を音声抽出してiphoneに入れ、

2倍速で学習。

テキストも重要箇所は

縮小コピーして

ファイリングして

常にカバンにしのばせて

すぐに取り出せるようにしていました。

テキストが取り出せない

満員電車の状況では

レポートの課題を考えたり

考えた内容をスマホのメモに残したり。

つまり、

そんな状況でも

「即」学習できる状態を作っていたんです。

「1分でも」隙間時間があれば

すぐに学習スイッチONに切り替えて

取り組んでました。

歩いている時も

ご飯食べている時も

お風呂に入っている時も

満員電車で立っている時も。

忙しければ忙しいほど

集中力がアップして

短時間で濃い取り組みができます。

休日で時間に余裕がある日であっても、

実際にやっている作業量は

平日の多忙な日と

変わらなかったりするんですよね。

 

時間がなくても

何事も取り組めるし

結果も出せるということです。

多くの人は忙しいことが弱みと捉えます。

しかし私は

忙しいことが弱みではなく、

忙しいことを強みに変えられる

と思ってます。

当時に比べると

時間的余裕がある今は

スイッチONするまでに逆に時間がかかったりします^^;

結果的には

多少ゆっくりやっても間に合ってしまうから

やや濃度の薄い取り組みになってしまいます。

やはり時間がある日は

Youtube見てからやろうとか、

ちょっと出かけてからあとからやろうとか、

そうして

スイッチONするまでに時間がかかり、

結果、取り掛かるのが夜になったり。

忙しくても暇でも

成果は同じ

 

私はそう実感しました。

「忙しいから」

と言って

ビジネスや夢を諦めるのではなく、

忙しいことを強み変えて

夢に向かって前進するキッカケにしてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
■kumi公式LINE@
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

kumiの最新情報や、

ブログでは絶対に言えない超有料級の無料プレゼント情報も配信しているので、

kumiの公式LINE@に今すぐ無料登録しておいてください。

kumiのブログやコンテンツを見た感想・質問も、

私のLINE@へお気軽にメッセージくださいね^^

下記友だち追加ボタンを押していただくか、

kumiと友だちになる♪

上記のボタンをクリックできない方は、

こちらのLINE IDで友達検索して追加してください。
@ana3490o

kumiの所属する、IBA(インターネットビジネスアカデミー)の登録はコチラ

ぜひご登録いただいて、kumiと一緒にお仕事をしたり勉強会をしましょう!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

kumi

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。